AGA薄毛治療で欠かせないプロペシアの特徴

プロペシアの特徴

医師に相談

もしもAGAという病気が由来の薄毛症状に見舞われたならば、通常の発毛ケアやスカルプシャンプーの使用、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の改善などを講じても根本的なところを治療しなければ一向に改善効果は得られません。 銀座ではまずはAGA薄毛治療を専門とするクリニックを受診し、医師による問診や触診を受けて血液検査や遺伝子検査でAGAかどうかを特定した上で適切な治療法を提案してもらうことが必要です。

このAGA薄毛治療において最も多く使用されるのがプロペシアという錠剤です。
そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応してDHTという物質を作り出すことによって頭髪の成長が乱れて抜け毛が増幅されていきます。 そこでプロペシアを毎日1錠ずつ服用すると5αリダクターゼのU型の働きを抑制することができ、これによって男性ホルモンと反応してDHTが生み出される分量も抑えることが可能となります。 DHTが減少するとこれまで頭髪の成長サイクルを乱していた原因も無くなりますので、これまで深刻化していた抜け毛もストップし、徐々に頭髪環境が改善されていくことでしょう。

ただしAGA薄毛治療の特効薬のプロペシアには副作用のリスクもあり、男性ホルモンに影響を与えることから性欲が減少したり、勃起不全、鬱症状などが引き起こされるケースも報告されています。 さらに飲み薬は常に肝臓へ何らかの負荷をかけるものですが、この飲み薬の場合にも肝機能障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。 もしも異変が認められた際にはすぐに医師に相談することが望ましいでしょう。