AGA治療は、皮膚科ではなく専門医院へ行くとミノキシジルが処方される

専門医院へ行くとミノキシジルが処方される

男の悩み

AGA治療は、皮膚科ではなく専門医院へ行ったほうが良い理由として挙げられるのは、AGA治療の方法が専門医院の方が皮膚科の病院より多岐に亘っているためです。

皮膚科の病院では、AGA治療として一番主流であるフィナステリドが配合されている医薬品を処方するだけで、薄毛に対する効果が思わしくなかった場合でも、他の治療法を提案されることがほとんどなく、経過を見守ることがほとんどです。

専門医院では、フィナステリドが配合されている医薬品を処方してみて、薄毛に対する効果が思わしくない場合は、頭皮の血流を改善させる効果が期待できるミノキシジルが配合されている医薬品を処方してくれることが多いので、フィナステリドが配合されている医薬品とミノキシジルが配合されている医薬品の相乗効果で発毛を期待することができます。

AGA治療は、皮膚科ではなく専門医院へ行ったほうが良い、もう一つの理由として挙げられるのは、患者さんの体質や薄毛の症状に応じた治療が行えるということです。 人によっては、ミノキシジルが配合されている医薬品よりも、別な医薬品を処方したほうが発毛効果が期待できる場合もありますが専門医院ならば、その見極めができるためです。