AGA薄毛治療に欠かせないフィナステリドとは?

フィナステリドとは?

副作用のリスクも把握

男性にとって薄毛症状の深刻化は外見を大きく変容させ、精神的にも大きなストレスになって、引っ込み思案になったり、消極的になるなどの性格の変化にもつながりかねません。 その原因として大きな注目を集めるのがAGAという病気です。これを治すためには、育毛剤や発毛剤の使用やスカルプシャンプーの使用などを続けても根本的な改善には繋がらず、まずは専門病院でAGA薄毛治療を受けることが先決となります。

銀座でのAGA薄毛治療ではまず医師によるカウンセリングや問診、触診を行った上で、血液検査や遺伝子検査を通じて発症の有無をきちんと特定してから本格的なAGA薄毛治療へと進んでいきます。
一般的にここで用いられるのは特効薬とも言える錠剤で、その成分にはフィナステリドが含まれています。 これは前立腺肥大症の特効薬開発に伴う治験において偶然に発毛効果が認められたことで発見されたもの。 その後の研究によってAGA患者における発毛効果が認められるとされました。

そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して頭髪の成長を阻害する物質を分泌させますが、フィナステリドを含んだ錠剤を服用すると徐々に頭皮の酵素の働きを抑え、頭髪の成長を妨げる物質が作り出されるのを抑止することが可能となります。
ただし副作用のリスクも指摘されており、男性ホルモンへの影響のために勃起不全や性欲減退、鬱、肝機能障害などが起こる可能性について事前にしっかりと頭に入れておかねばなりません。 何らかの異変が起こった際にはすぐに医師に相談して判断を仰ぐと良いでしょう。