AGA薄毛治療医院における発毛治療とは?

AGA薄毛治療医院における発毛治療とは?

薄毛 AGA治療

もともと親からの遺伝による影響が強いとも言われるAGAですが、これを発症すると通常の育毛ケアなどを続けても一向に改善効果を得ることは叶いません。 それはAGAが病気であり、体全体のメカニズムと大きく連動しているからです。
こう言った状況を鑑みつつ、AGA薄毛治療を専門とするクリニックを受診することでしっかりと発毛治療してもらうことが必要です。

AGA薄毛治療ではまず、専門のスタッフや医師によるカウンセリングが行われ、それから診療に進むと遺伝子検査や血液検査、触診、問診を通じて本当にAGAを発症しているのかを入念に確認します。 これで発症が確認されるといよいよ専門治療がスタートしますが、一般的に用いられる発毛治療としては飲み薬と塗り薬の処方が知られています。
この飲み薬は頭皮の特殊な酵素の働きを抑制し、頭髪の成長を妨げる物質が生成されるのを抑えます。 こうやってこれまで抜け毛が悪化する一途だったものをストップさせることができるのです。
さらに塗り薬を頭皮の薄毛部分に塗ると毛細血管を拡張させ、血流を高めると同時に栄養分の供給量を増やすことが可能となります。 こうして栄養分を過不足なく補給すると毛母細胞の細胞分裂も活発化し、AGAによって失われたいて頭髪の発毛へと繋がっていきます。

さらにAGA薄毛治療では、栄養分や成長因子を混ぜ合わせた特殊な薬剤を頭皮に注射して発毛促進を行ったり、またあるいはAGAに侵されていない健康的な自毛を採取して薄毛部分に植えなおして定着させる自毛植毛も行っています。 これらはうまく定着すると一生ものの頭髪として活用できますので、人口毛やカツラなどではなく全く嘘のない状態で自らの頭髪を復活させることが可能となるのです。